PC、PSP、UG関連の記事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

GPU オーバクロック&ダウンクロック

どうも。管理人です。
まだ3月なのに暑いですね・・・
*俺の部屋は既に25℃を突破してますw
→ゲーム時GPUが普通に100℃突破
→ゲーム時CPUが普通に70℃突破

という事で今回はGPUのダウンクロックについて説明します。
よくCPUのオーバクロックと聞きますが、逆にダウンクロックも可能です。
そしてGPUのオーバクロック、ダウンクロックも可能です。
*面倒なので以後
 オーバークロック:OC
 ダウンクロック:DC
              とします。
 
*これから紹介する物は「NVDIA」専用です。
 ATIシリーズは各自ググッテください。


☣DANGER☣
これから紹介する方法は、非常に危険な方法です。
設定を間違えると機器の破損に繋がります。
全て自己責任の上で行ってください。
*記事の中に間違いが有る可能性も有ります。
 他のサイト等とよく見比べて実行してください。

詳細は「続きを読む」からどうぞ。


クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
☣DANGER☣
これから紹介する方法は、非常に危険な方法です。
設定を間違えると機器の破損に繋がります。
全て自己責任の上で行ってください。

さて本題です。
Nvidia(Geforce)のオーバクロックツールは意外にも公式サイトに有ります。
使用ソフト:NVIDIA nTune
URL:http://www.nvidia.co.jp/object/ntune_5.05.47.00_jp.html

あとは通常通りインストールを実行しましょう。

インストール後、コントロールパネル→NVIDIAコントロールパネルを起動
gpu_dc_1.png
左側にツリー表示が有りますが、新しく「システム安定性」「パフォーマンス」が追加されています。
まずは現在の動作クロックを確認しましょう。
「パフォーマンス」→「Launch NVMOnitor」をクリック
gpu_dc_2.png
上記画面が出ます。そこに「バス速度」の欄に現在の動作クロックが表示されています。
*GPU core

確認したら、これよりOC・DCの設定に入ります。
「パフォーマンス」→「GPU調整の設定」
gpu_dc_3.png
通常では「工場出荷状時の周波数(オーバークロック無し)になっています。
OC・DCを実行する際は「カスタムクロック周波数」を選択します。
そして「core bus」「memory bus」を各自で設定してください。
設定後、「テスト」を押せば自動でマニュアル設定のクロックが動作可能かを判別します。
そして「適応」を押せば終了です。

意外に簡単にOC・DCが可能です。
「是非」とは良いませんが、やってみてください。

オーバークロック
良:パフォーマンスの向上
悪:製品寿命の定価、熱

ダウンクロック
良:低消費電力、寿命の向上、熱を抑える
悪:パフォーマンスの低下

最後にもう一度。
自己責任でお願いします。


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

テスタロッサ

Author:テスタロッサ
相互リンク募集中!
主に、PCアプり(フリーソフト)等を紹介しています。
http://pcisthebest.blog88.fc2.com/

カウンター
現在の閲覧者数
ブログのお値段
注目動画サイト




お勧めPCショップ






touei_2.gif

donya-logo_2.jpg
もくじ
逆アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。